« Pコート コーディネート | トップページ | 大人ボーダー 新基準 »

ロングカーディガン 

今季はロングカーディガンが豊作です!
ざっくり編みのローゲージに注目!
見た目にやさしい雰囲気をかもしだすローゲージ編み。
だけど、ただの優しい雰囲気で終わらせてはいけません!大人のロングカーディガンのスタイリングとは。

1・ロングカーディガンは一歩間違うと、間の抜けた、ぼんやりコーデになってしまいます。
なので、靴・バック・小物はシャープなタイプにして、アクセントに。

2・アクセサリーも思いっきり主役級なものにします。
ターコイズブルーの多連ネックレス、エスニック柄のストールなどが。パンチのある小物を。

3・その代わりにトップス・ボトムスはシンプルなアイテム。デニムに白Tにして、思いっきり小物で盛り付ける。

【キャメルのダブルボタンロングカーディガン】
きちんと感のロングカーディガン。
旬のキャメルがとっても上品な印象に。
通勤には、ボタンを全部締めて、ジャケット風に。インに白シャツ、第二ボタンまではずす、
袖はニットに白シャツを見せて、少し捲り上げる。この2つの”抜け”ポイントは重要です。
休日スタイルには、ダブルボタンは全部はずして、羽織り風に。
トップスとボトムスは白でつなぐ。白Tと白ショーパン。
キャメルカーディガンと合わせて、ブーツもキャメル。
白×キャメルのとっても上品フェミニンなカラーコーデに。

【グレー、ファー付きロングカーディガン】
ガウンのようにウエストを紐で結ぶタイプ。
通勤には、×ボルドーのラップワンピース×ロングブーツ。
あえて、ラフな印象のグレーファー付きカーディガンを合わせて、とても新鮮なバランスに。
やっぱり休日スタイルにぴったりです。
モノトーンのTシャツ×ブラックデニムというロックなテイストも、
ファー付きのロングカーディガンを羽織るだけで、一気にリッチな着こなしに。

ロングカーディガンならではのゆるーい雰囲気をどう使うかが、スタイリングのコツです。

|

« Pコート コーディネート | トップページ | 大人ボーダー 新基準 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ロングカーディガン :

« Pコート コーディネート | トップページ | 大人ボーダー 新基準 »