« 2011年11月 | トップページ

2011年12月

パンツ派 厳選4アイテム

パンツ派の厳選4アイテムとコーディネートの紹介。

今季、パンツならこの4本。

①トラッドパンツ
センタープレスで旬のグレージュのチェック柄、さらに9分丈で軽やかに。

②タックパンツ
ベージュのゆるっとしたデザイン。足首の抜け感をだせる7分丈がベター

③コーデュロイパンツ
細身のベージュならば、カジュアルなコーデュロイでもきれいめに仕上がります。

④レースのショーパン
フェミニンな白のレースショーパン。真冬の白は効きますよ。

さらに、パンツスタイルのバランスをもっとよくする厳選ベルト2本。

・ブラウンメッシュベルト

・細ベルト 黒


足元をキレイにみせるのは、やっぱりヒール靴。

・シンプル淡いベージュパンプス
・シックにボルドーパンプス
・ちょいトラッドで旬な黒パンプス


☆コーディネート例☆

A・ベージュタックパンツ×グレーのVニット×ボルドーパンプス×細ベルト 黒

裾は捲くって、抜け感をつくる。
襟元にレオパードのストールを巻いて、トレンチコートをはおります。
ラクなすタイリングだけれどもところどころにちゃんとオサエてます!

B・ベージュコーデュロイパンツ×白シャツ×淡ベージュパンプス×黒カーディガン

カーディガンは腰に巻いて、アクセントに。
ここまでカジュアルなスタイルがきちっと見えるのは、白シャツの潔さとパンプスの女らしさ
があるから。

C・トラッドパンツ×白シャツ×黒のケーブル編みのニット×黒パンプス×トレンチコート

旬のトラッドコーディネート。
そのまま、キレイに着ます。着崩さないで、きちんとスタイリング。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

黒 エンジニアブーツ

エンジニアブーツはスタイリングのポイントにもなるし、”ハズす”感じでコーデしたり・・
とこなれた雰囲気に見えますよね。
そんなエンジニアブーツ。
普通にスタイリングしてしまいがちですが、ちょっとのことで、ステキなスタイリングになります。

ブーツスタイルといえば、デニムやスリムパンツの裾にブーツイン。
全体をダークカラー、シンプルニット・・・
思いっきりクールにまとめるのは普通のスタイリング
こなれた印象にするには、たとえば、

ボトムス→黒デニム、黒エンジニアブーツ=クール
トップス→レースブラウス、パールピアス=フェミニン

こんなテイストミックスこそ、”こなれ感”がでてステキなスタイリング。

ワンピース×ブーツ。
鉄板コーデです。
甘いワンピと辛いブーツ。
ひとつ問題が・・・・
きれいめなワンピースとエンジニアブーツ。
テイストが違いすぎるのです。
軽やかなワンピースと重量感のあるエンジニアブーツ。
黒のプリントワンピースと黒のエンジニアブーツ。色はつなげているんで、
いいはずなのですが・・・

ワンピの上にカジュアルめなカーディガンを羽織る
カーでを羽織ることで、カジュアルめなエンジニアブーツに近づけました。
さらに、ウールの重さもプラスできたので、全体的にバランスがよくなり、
オシャレな着こなしに変わります!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
エンジニアブーツの魅力を損なわずに、こなれたスタイリング。
”ハズす”テクニックが重要です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大人の最新デニム情報

いつだって、デニムは私たちの最愛アイテム。
旬のデニム情報をご紹介。

★カラーデニム

今は断然、グレーがオススメ。
キレイめスタイリングが得意なグレーならば、通勤スタイルにもぴったりです。
デニムには見えない、その品の良さはピカイチです!

グレーストレートデニム×グレーベースのボーダーニット×ベージュのトレンチ
トレンチの上から黒のスヌードを。
足元は黒のパンプスを。

★ブーツカット

バギーの人気で、復活したブーツカット。
ももまではスリム、ひざ下からしゅっと拡がる美脚デニム。
着こなしのオススメは’70風のレトロクラッシック。

ブルーブーツカット×グリーンのロングニット×ウエストマークにベルト
そして、ふんわりとスカーフを結ぶ。
ハンドバックをさげて、すっかりレトロな気分。

★ボーイフレンド

ゆったりめのボーイフレンドデニムが今年は”きれいめ”なボーイフレンドに変化!
腰周りはゆったり、脚がほっそりしてきました。
ロールアップなしでキレイに履けます。
かっちりとした着こなしで、ボトムスでほどよい抜け感をだして、程よくカジュアルな装いになります。
カジュアルな部分はデニムだけに、足元・バック・小物はすべてきれいめにするのが正解。

★ストレート

ストレートもやっぱり、ほっそりとしたデザインに移行してきたようです。
スリムのピチピチ感が苦手な人におすすめ。
この時季、ブーツインがしやすく、程よくストレッチもあり履きやすいです!
ヒップはすっぽりと包み込むので、大人にはますますはきやすいタイプになりそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大人ボーダー 新基準

ボーダーといえば、マリンスタイルの白×紺、だとまず思いますよね。
大人の新ボーダー。
この冬は、たとえば、黒×グレー、黒×マスタード・・・
など、ダークカラーがベースとなるボーダーに注目!
白×紺のマリンスタイルより断然オシャレ、女らしいボーダーだから、
ワイドパンツやタイトスカートに合わせるとステキです。

ボーダーを控えめに主張させるコーデ。
ブラウン配色のスタイリング。
黒×ブラウンのボーダーTシャツ
、ダークブラウンのタイトミニにキャメルのスエードコート。
十分ポイントになるボーダーではあるけれども、ブラウンワントーンでまとめているので
女らしいコーデになる。

まだまだ人気のカーキ。
カーキ×黒のボーダーTシャツにネイビーのブルゾン。
トップスにダークな配色を施したので、ボトムスは思い切って
白のカプリパンツを軽やかに履く。
ボトムの白の”抜け感”がいい感じです。
足元はベージュのパンプスなど、やっぱり抜け感を重視したスタイリングに。

ベーッシクカラーのグレー×白のボーダー。
ありそうでなかったボーダー。
グレー×ボーダーはカジュアルスタイルにぴったりです。
ボトムスにカーキのカーゴパンツ。
ブラウンのストール、ブラウンのバックでちょっと辛口に仕上げるのがミソ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ロングカーディガン 

今季はロングカーディガンが豊作です!
ざっくり編みのローゲージに注目!
見た目にやさしい雰囲気をかもしだすローゲージ編み。
だけど、ただの優しい雰囲気で終わらせてはいけません!大人のロングカーディガンのスタイリングとは。

1・ロングカーディガンは一歩間違うと、間の抜けた、ぼんやりコーデになってしまいます。
なので、靴・バック・小物はシャープなタイプにして、アクセントに。

2・アクセサリーも思いっきり主役級なものにします。
ターコイズブルーの多連ネックレス、エスニック柄のストールなどが。パンチのある小物を。

3・その代わりにトップス・ボトムスはシンプルなアイテム。デニムに白Tにして、思いっきり小物で盛り付ける。

【キャメルのダブルボタンロングカーディガン】
きちんと感のロングカーディガン。
旬のキャメルがとっても上品な印象に。
通勤には、ボタンを全部締めて、ジャケット風に。インに白シャツ、第二ボタンまではずす、
袖はニットに白シャツを見せて、少し捲り上げる。この2つの”抜け”ポイントは重要です。
休日スタイルには、ダブルボタンは全部はずして、羽織り風に。
トップスとボトムスは白でつなぐ。白Tと白ショーパン。
キャメルカーディガンと合わせて、ブーツもキャメル。
白×キャメルのとっても上品フェミニンなカラーコーデに。

【グレー、ファー付きロングカーディガン】
ガウンのようにウエストを紐で結ぶタイプ。
通勤には、×ボルドーのラップワンピース×ロングブーツ。
あえて、ラフな印象のグレーファー付きカーディガンを合わせて、とても新鮮なバランスに。
やっぱり休日スタイルにぴったりです。
モノトーンのTシャツ×ブラックデニムというロックなテイストも、
ファー付きのロングカーディガンを羽織るだけで、一気にリッチな着こなしに。

ロングカーディガンならではのゆるーい雰囲気をどう使うかが、スタイリングのコツです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年11月 | トップページ