« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

夏スタイリング ベージュ配色

ベージュはとても柔軟なカラー。

どんなスタイルにもマッチします。

そんなベージュは30代40代、最愛カラーのスタイリングの具体例を紹介します。

ベージュ・ホワイト・ブラウン

ベージュ配色最強グラデーションです。

白T×ライトベージュパンツ×ブラウンのストール

小物にヘビ柄のトートバック、スタッズベルトで男前にしてみる。

優しいグラデーションコーデのはずしテクニック。

・オフホワイトバーカー×ベージュプリーツスカート×ブラウンストール

小物にブラウンのバレエシューズとボストンバック。

ガーリースタイル。

優しい色あわせで、丸々お嬢さんスタイルになってしまわないように、

パーカーを羽織って中和させます。

・ベージュチェックシャツ×ホワイトスカート×ブラウンブーツ

小物にウエスタンベルト。

ホワイトスカートはふんわりレーシーなタイプを。

秋を感じさせるウエスタンスタイルに。ベージュの柔らかさで

フェミニンなウエスタンに仕上がる。

ポイントは、

白40:ベージュ40:ブラウン20

この配分がいいかと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トレンド 黒アイテム 具体例

前回の続きです。

アイテム別の具体例の紹介。

●フレアカーディガン

羽織りモノは季節の変わり目にかかせないアイテム。

ベーッシクな黒は、合わせやすいけどかもすると、マンネリ化しやすいのも事実。

そこで、デザインで勝負。

・白シャツ+ベージュパンツ+フレアカーディガン

こんなありがちなコーデでも、Aラインに広がった裾のカーディガンならブラッシュアップします。

袖は折り返し、カーディガンのボタンは上2つくらいであとはフリーに。

・大人ショートパンツにフレアカーディガンを。

裾がゆれて、リッチな大人カジュアルスタイルにぴったり。

オールブラックがオススメ。

ショーパンは黒のプリントでアクセントを。

●ふんわりキュロット

今シーズン復活人気のキュロット。

大人がキュロットを着こなすための”黒”です。

黒なら大人カジュアルスタイルが決まります。

・オススメは大人のシックマリン。

黒白のボーダーのドルマリンニットに黒のふんわりキュロットを。

ロングパールネックレスを合わせる、さらに大人顔に。

●タイブラウス

上品で涼しげな印象にするためには、エアリーな素材がマスト。

プラス、秋のトレンドも意識してコーデ。

・タイブラウス+タイトデニム

女らしいアイテムをあえて、デニムと合わせてカッコよくきこなす。

・タイブラウスをカーディガンのインにして、カジュアルに着こなす

ベージュのクロップド、黒白ボーダーカーディガン、のインにタイブラウス。

カジュアルスタイルにタイブラウスのアンバランスも、鮮度はあがって新鮮。

●黒タイトスカート

肌みせ加減を調節することで、着こなしの幅がぐっとひろがる。

・+ふんわりブラウス

タイトスカートとふんわりブラウスのメリハリのあるコーデ。

お嬢様風でオフィスでも高感度大。

・+カーキシャツ

夏の終わりの”サファリスタイル”。

カーキシャツのインは黒のキャミで。凛々しいコーデディネート。

サファリシャツ以外は黒でつないています。

スタイルアップもする着こなし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トレンド 黒アイテム

着慣れているカラー、黒。

コーデもしやすく、買いやすい黒アイテム。

そんな黒だからこそ、トレンドアイテムに挑戦しやすいのでは?

今、買うべき、旬のアイテムを紹介します。

●フレアーカーディガン

裾が広がった、Aライン気味のカーディガン。

夏の終わりに秋の始まりに、羽織ものは必要。

●ふんわりキュロット

短パンから進化して、これからは、かわいめのふんわりキュロット。

太もももちょっとだけカバーできそう。

●タイブラウス

上品でエレガントなタイブラウス。

ボトムスに白のクロップドを合わせて、大人っぽくなりすぎずにステキ。

素材は透け感のあるもので◎。

●タイトスカート

ジャストウエストのものを選ぶ。

女らしさの正当、タイトスカートは、ジャストウエストでキリッときちんと、オフィスでも

好印象。

旬のトレンドアイテムをコーディネートの中心にして、カッコよく、颯爽と歩きたいものです。

次回は各アイテムの具体例を紹介します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白 配色バランス 

夏も本番。

この季節、主役のカラーはやっぱり白、ホワイトです。

主役の白を上手にこなれて着こなすには、その配色バランスがカギなんです。

今年らしく着こなすために、白とコンビを組むカラーを、4色に絞りました。

ベージュ

グレー

ネイビー

カーキ

この4色を今年らしく、今っぽく着こなす配色バランスを紹介します。

●×ベージュ

夏の白を優しく柔らかい印象にするのがベージュ。

ベージュの中でも軽めのベージュならば、ボーダーにしても、カジュアル度は低め、

品よくまとまる。

●×グレー

ここでいうグレーは、シルバーグレー。

薄めのグレーです。

シルバーは涼しげであるし、ひんやり感を演出もできるので、

この時季にぴったりのカラー。

以上、ベージュとグレーはグラデーションコーデがオススメ。

★×ネイビー

マリン配色ですね。

爽やかで健康的で、さらに、知的にも見える万能配色のネイビー。

この夏のネイビーの使い方は、ポイント使いにすると◎。

★×カーキ

新しく鮮度高めの配色。

カーキのカジュアル感を白が中和。

甘いアイテムでもカーキならうまくまとめることができる、凛々しく決まるか不思議。

今回はグラデーション配色を具体的に紹介します。

×ベージュ

ポイント→異素材でグラデーションする。

50:50バランスで。

・基本、トップスとボトムスでグラデーションするのがもっともポピュラー。

白のカシュクールシャツ

インにベージュのタンクトップ

ボトムスにベージュの細身のクロップドパンツ。

さし色でウエストマークはプリントスカーフ。

ラフなのに、どこか上品。グラデーションコーデのなせるワザ。

×シルバーグレー

グレーは強すぎないこと。

全身を寒色にすることで、真夏にぴったりの涼しげな配色バランスにする。

シャープな着こなしになりがちな寒色コーデ。

デザイン甘めにすると、女性らしくフェミニンな印象に。

オフホワイトのウエストリボン付きのひざたけミニ。

トップスのシルバーグレーはしもふりの柔らかいニット。

気品あるお嬢様スタイルに。

グラデーション配色はだれでも簡単にスタイリング、是非試してみて♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »