« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

ベーシックアイテム 効かせワザ

こんなご時世、ベーッシクなアイテムをながーく愛用したいものです。

ただ、やっぱりトレンドも気になるし、

”こなれ感”も出したい。

なんか、普通の服をきてるんだけどステキね・・・・と言われたい!そんな効かせワザ。

①ジャケット・シャツの袖口を折り返したり無造作にまくりあげて、手首を見せること

華奢な腕をみせることで、女っぷりがあがるし、”抜け感”もでてこなれた印象がでる

②ウエストにインする

トップスはボトムにインするだけで、今年っぽく。

メリハリシルエットでスタイルアップの効果も!

③足元はボリューミーに

トレンドのブーティーサンダルなどをはくだけで、こなれ感マックス!

④相反するデザインのネックレスを重ねづけする

大きい×細い、長い×短い、など・・・

Vゾーンにニュアンスをだすことで、オシャレ上手に見えます、絶対に!!

⑤人気復活!スカーフ

ストールに押されてて、少し印象が薄くなっているスカーフ・・・

でも今季は絶対スカーフが新しい!!

垂らしたり、首元に小さく結んだり・・・・

エレガントなので、通勤にもフル活用!!

⑥さし色に赤

ベーッシクカラー・デザインにはさし色があると一気に洗練された印象に。

そんなさし色は断然赤がオススメ。

赤のバック、赤のスカーフ、パンプス・・・

どれもこれも簡単な効かせワザです!是非お試しを!

1点投入するだけで、確実にオシャレ度はアップします!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ピンク 大人の着こなし

ピンクはラブリーなカラー。

でも大人だって、ピンクをコーデに取り入れたい!ラブリーになりたい!

そんな大人のためのピンクのコーディネートをイロイロと紹介します。

一番取り入れやすいのは小物にピンク。

エアコン対策にもなる、ストールで取り入れてみる。

・大判のピンクストールをコンパクトに巻く。

できるだけキュッとまく。

トップスを濃い色にして、ピンクと濃い色のコントラストが、逆にすっきりみえて、

暑苦しい印象はない。

・白ブラウスに効かせ色としてピンクストールを。

ブラウスはノースリーブ、スティックパンツでIラインを強調するようにピンクストールを

ひと巻きしてたらす。スタイル美人に女性らしさも加わって、鬼に金棒コーデ。

・ガーリーなワンピース。

巻かずにさらりと垂らすだけだけど、ピンクの効果は絶大。

足元はナチュラルカラーの靴がオススメ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クロップトパンツ

クロップトパンツはバランスが重要です。

すらりと足長美人に見える、クロップトパンツのコーデのカギとは。

●ドルマンニットと合わせる

程よくゆったりとしたドルマンニットと程よくぴったりしている

クロップトパンツを合わせれば、みんな大好きな、”ゆるぴたバランス”。

紺のドルマンニットとベージュのクロップトパンツは定番であって

、逆にいえば、ちょっと面白みがないかもしれません。

小物で今年らしさをだして、おしゃれの格上げをしてみて。

●夏らしいストライプシャツと合わせる

水色と白のストライプシャツ、インには白Tシャツを。

それに合わせるのは、ハリ素材でドローストリングが効いたクロップトパンツ。

ストライプシャツは裾で結び、Vソーンにはコーデのポイント、パールネックレスを。

●マニッシュにきめる

黒のクロップトだったら真似をしたいコーディネート。

麻のジャケット、インに白カットソー、帽子はマニッシュに。

夏にジャケット羽織ってると、なんかかっこいいですよね。

靴もおもっきりマニッシュ、メダリオンシューズ。アクセントに効色を合わせる。

グリーン・紫・赤、なんてよさそうですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チェックシャツ

今季、大注目のチェックシャツ。

大人のチェックシャツは、力が抜けて見えるから、カッコいい。

海外セレブ風に、上級テクニックを駆使して、こなれ感たっぷりの着こなしを伝授。

まず、大人のチェックシャツ選びから。

●小さめの襟

襟は立たせるでも寝かせるでもなく、無造作にしているのが◎。

無造作にしてみせるのは、小さめ襟だからできるコワザです。

●肩のラインは細めに

カジュアルに着るのではない大人には、コンパクトな肩身がマスト。

●裾の丈

アウトにして着こなしたいので、丈は重要です。

長すぎず短すぎず。

ジャスト腰骨くらいのものをセレクトする。

●素材感にこだわる

シワ加工があるコットン素材や薄い抜け感のある麻混であったり。

リラックス感のある素材をキレイめに仕上げるのが大人の鉄則。

コーディネート例

①チェックシャツ×デニム

王道コーデ。

誰もがみんなやったことはある相性抜群なアイテム同士。

チェックシャツはマドラスチェックに。

インディゴデニム、インには白タンク。

襟元に抜け感、ネックレスで盛ると、女らしさアップ。

②チェックシャツ×カーゴパンツ

カーゴパンツの色はチェックシャツから1色選ぶと馴染みがよく、ばっちり決まります。

チェックシャツとフルレングスのカーゴ。

裾はロールアップして、女の抜け感は必要。

足元は女ッぷりのいいパンプすがマスト。

白のストールを白のバックを合わせれば、リッチスタイルに!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

通勤スタイル

いつもの通勤スタイル、アイテムをひとつ変えるだけで、印象とこなれ感がぐーっとアップ!

簡単にコーデの幅が広がります♪

①ノーカラージャケット→Gジャンに

定番のノーカラージャケット+ワンピース。

これをGジャンに買えるだけで、きれてるいい女度アップ!

Gジャンもは絶妙に色落ちしたタイプがこなれ感をより演出。

このミスマッチが通勤スタイルの鮮度がアップ!

・旬のレーススカート、甘めのサンダル、柔らかめカットソー。

優しく甘めのスタイルにGジャンを。簡単に甘辛ミックススタイルに。

・白パンツにもぴったりです。

キレイめスタイルの定番、白パンツに艶感のあるトップス。

足元はヌーディーにベージュパンプス。

Gジャンを羽織れば、クールさがプラスされて、涼しげに着崩しスタイルに。いい女度が五割はアップ。

②ボーダーTを通勤スタイルに

いつものブラウスの変わりにボーダーTシャツを。

カジュアルすぎにならないように、素材・カラーにこだわりを。

綿100ではなく、リネンにしてみる。

ボーダーも細めにする。

色は紺ではなく、カーキや赤にする。

これだけで、カジュアルになりすぎず、キレイめに決まる。

③ジャケットのインにロゴT

いつものシャツスタイルではなく、変わりロゴTをインする。

このハズしテクニックは大人の着こなしに。

紺プレにチノパン。定番にスタイルのインに白のロゴTを着る。

チノパンはロールアップ、パンプスでマニッシュなスタイルが女らしいスタイルに。

タイトスカートにジャケット。インにはジャケットと同系色のロゴTを。

ロングネックレスを合わせることも重要なポイント。

ツイードジャケットのインにロゴT。

ボトムスには細めストレートを合わせる。

パールネックレスを合わせることで、ジャケットのクラス感とロゴTのカジュアル感に奥行きが生まれ、いい抜け感がでてこなれ感がよりアップ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »